よく眠れる!寝る前にオススメのアロマオイル5選

心を整える

香りの効果

私たちは、リラックスするために、音楽を聴いたり、美味しいものを食べたり、美しい景色や絵画を見たりします。

香りもそのひとつ。アロマキャンドルやお香を焚いたり、ハーブティーを飲んだり、アロマオイルをすることは、リラックス効果や集中力アップなど様々なメリットをもたらします。

睡眠に問題を抱える人は、不安や心配など色々考えてしまったり、昼間の緊張状態がとれなかったりして、なかなか寝付けない日もあるでしょう。せっかく眠れたのに、何度も覚醒してしまうこともあると思います。

眠る前にアロマを焚くことで、心を安心させ快適な睡眠をとることができるようになります。覚醒効果や集中力というよりも、交感神経を鎮め、不安を取り除き、リラックス効果のあるアロマが良いでしょう。

この記事では、夜寝る前にオススメの、安眠効果のあるアロマを紹介します。

寝る前にオススメのアロマオイル

カモミールローマン

カモミール

リラックス効果のあるカモミールはアロマとしては定番中の定番。カモミールティーはスーパーなどでも手に入り、お手軽なハーブです。

スッキリとしたカモミールの香りは、精神を安定させ、不安や緊張を取り除いてくれます。よって、心配事があって眠れない夜にはぴったりのアロマです。なかなか機嫌が直らないお子さんを落ち着かせたいときにも有効です。

また、痛みを和らげる効果もあるため、頭痛にも効果があります。他にも、生理痛、PMS、更年期障害の改善にも効果的です。

カモミールのハーブティーにはカフェインが含まれていないため、寝る前でも安心して飲んでいただけます。ただし、妊娠中、授乳中の人は使用しないようにしてください。

シダーウッド(バージニア)

落ち着いた、すっきりとした香りのシダーウッドは、苦手な人がいない心地よい香りです。

シダーウッドの香りは、不安や緊張を軽減し、心を安定させる効果があります。また、抗菌効果や防虫効果もあるため、カビやダニを抑え、部屋の空気を浄化して睡眠の質も向上してくれます。

よって、シダーウッドのアロマをたいて眠ると、安心した気持ちで眠ることができます。また、お風呂に数滴たらして使用すると、森林浴をしているかのようなリラックスした気持ちになります。

ただし、妊娠中の方は使用しないようにしてください。また、かなり刺激があるため、敏感肌の方は肌への使用は控えてください。

ラベンダー

ラベンダー

優しい香りのラベンダーは、どんなときにも効果を発揮する万能のアロマです。興奮や緊張、イライラした気持ちをを鎮め、穏やかで明るい気持ちにしてくれます。

自律神経のバランスを整えてくれるので、仕事が忙しかったり、ストレスを抱えていたりして、生活習慣が乱れがちな方にはぜひオススメしたいアロマです。

また、皮膚の代謝促進や殺菌作用といった肌への効果も高いため、化粧品にも向いています。直接肌につけても安心なため、ラベンダーの精油を使ってクリーム、化粧水など手作りすると安価で質の良い化粧品になります。

ベルガモット

ベルガモット

甘く華やかな香りのベルガモット。柑橘の一種で、果実の皮からオイルが作られます。柑橘のさわやかな香りで、老若男女問わず好まれるため、使いやすいアロマです。

ベルガモットには鎮静と高揚、どちらの作用もあるため、気分の落ち込みやうつ状態を改善するだけでなく、すっきり明るい気分にしてくれます。そして、ストレスや不安を掃き出して、自信を取り戻すことができます。

セルライトにも効果的なため、ボディマッサージ用のクリームやオイルに精油を加えて使用すると、体の余分な脂肪を取ってくれます。ただし、柑橘系のオイルには光毒性があるため、塗った部分を日に当てないようにしましょう。

ネロリ

甘く爽やかな香りの中に、苦みを含んだ香りのネロリは、ビターオレンジの花からとれるオイルです。万人受けする香りでもあるため、香水などにもよく使われます。

抗うつ作用があり、頭痛、不眠症、胃腸炎などストレスからくる様々な症状に効果的です。興奮、不安、緊張、怒りといった、様々な精神的ストレスを和らげて、自信を与えてくれます。

肌に使用するのもオススメです。妊娠線の予防や、傷跡を目立たなくする効果があります。また、細胞の成長を促進するため、アンチエイジングにも効果的です。精製水やマッサージオイルで希釈して使用するようにしましょう。

まとめ

夜眠る前にオススメの5つのアロマを紹介しました。一日頑張った自分へのご褒美として、リラックスするためのとして、アロマを焚いてみてはいかがでしょうか。香りには好みが分かれるので色々試して、お気に入りの香りを見つけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました