穏やかで優しい人気者!ISFPの登場人物・キャラクター【MBTI】

コスモス MBTI

優しさと可愛さとカッコよさを併せ持つISFPは、主人公、または主人公を超える大人気キャラクターばかりです。しかし、目の前の快楽を優先する傾向の強いISFPは、ときには悪役キャラとして人々を敵に回すこともあります。

この記事では、アニメやドラマ、映画のISFPの登場人物・キャラクターをご紹介します。

※少しネタバレを含みます

ISFPの性格

ISFPの人たちは穏やかで優しく、自然体で柔らかい雰囲気を持つ人たちです。人に意見を押し付けたりせず、出しゃばることはなく、周囲を観察してうまく空気を読むため、彼/彼女らがニコニコしながらそこにいるだけで周囲が和みます。

冒険心にあふれており、そのとき感じた情熱や楽しみに忠実に、刺激を求めて並外れた行動力を発揮します。また、会話内容や文章よりも五感を重視します。芸術肌で、自由な精神で自分らしいファッション、音楽、芸術などを楽しみます。一度夢中になると我を忘れて没頭する職人肌でもあり、スポーツや芸術、料理など専門的な分野において才能を発揮する人もいます。動物や子どもが好きで、写真、スポーツ観戦、楽器、自然探索、ドライブなどの趣味を持ちます。

言葉は少ないですが、他人を思いやり、行動で優しさを示します。自分の内面を親密な人以外に明かすようなことはせず、家族や昔からの友人など、いつも同じ相手といることを好みます。

人を疑わないためうまく利用されてしまったり、周囲に流されやすいというがあります。優しいあまり、嫌なことを断れなかったり、ひどいことをされたり言われても言い返さずじっと耐えていることも多いです。また、一度落ち込むとネガティブな思考に陥って自分を責め、じっと黙りこみ周囲の声が聞こえなくなります。

ISFPの登場人物・キャラクター

ハリー・ポッター

「ハリー・ポッター」の主人公です。

素直で優しく、行動力のある少年です。成績優秀で、1年生でシーカーを任されるほど運動神経もいいという文武両道っぷりですが、それを鼻にかけることはしません。普段は物静かですが、両親や友達が悪く言われたときは怒って言い返すなど、身近な人を大切に思っています。

いつもロンかハーマイオニー、ときどきネビルと行動していて、基本的に受け身で自分から交友関係を広げることもありません。パーティーになかなか女の子を誘えず、ロンと一緒に壁の花になっているというシャイな一面もあります。

恐怖の対象であるヴォルデモートを前にしてもあまり怖気づくことはなく、冷静に対処できる勇気と正義感があります。行動力がある一方、罰則を破ったり、禁じられた魔法を使ったりなど、短気な面もあります。そして、いじめられて育ったためか、いじめっ子たちが痛い目に遭ったときは基本的に爆笑しているという、無邪気かつ少し冷めた一面もあります。

ジョン・スノウ

海外ドラマ「ゲームオブスローンズ」の主人公です。

北の王・エダートが私生児として彼をいきなり連れて来たため、エダートの妻のキャトリンとは血はつながりはなく、愛されずに育ちます。ロブやサンサやアリアたち兄弟姉妹とは異母兄弟として仲良く育ちますが、自分の居場所がないとひそかに孤独を感じていました。

ENTJやらINTJやらINFJやらが暴走し、ESFPやらESTPやらISTPやらが好き勝手する世界で、彼はとても誠実で純粋ないい人であり、四方八方から振り回される立場でした。罠にまんまと引っかかったり、正直すぎる発言で大切な会合で大失敗したり、一部の人たちからは「無能」と言われてしまっていますが、これも誠実かつ素直すぎる性格が故でしょう。

ジョン・スノウを演じたキット・ハリントンさんと、ジョンの元恋人・イグリットを演じたローズ・レスリーさんはご夫婦だそうですね!個人的には、ジョンはイグリットと末永く幸せになってほしかったです。

エル(イレブン)

「ストレンジャーシングス」の主人公です。研究所を抜け出し、逃亡した先でマイクたちに匿われます。そして、彼らとともに舞台であるホーキンスの平和を脅かす「何か」と戦うことになります。

強力な超能力で高い戦闘能力を持ちますが、性格は穏やかで平和主義、自分を犠牲にしてでも仲間を大切にする優しい性格です。自分の言いたいことを言えずに我慢して、悩みをため込んで感情が爆発してしまうところがあります。自分に自信がなく、新しく人間関係を築くのは苦手で、新しい街になかなか溶け込めずにいます。しかし、一度仲良くなると、身近な人たちを大事にします。

人を疑うことができず、流されやすく、彼女を利用しようとする大人たちに振り回されてしまいます。どんなにひどい目にあわされても我慢し、余程のことがないと人を傷つけることはありませんが、彼女を怒らせた登場人物たちは大抵とんでもない目に遭います。

サン

ジブリ作品「もののけ姫」の登場人物です。

人間によって生贄として捨てられ、山犬に育てられました。そのため自分を山犬だと思い込み、山犬は美しく人間は醜いものだと考えていました。彼女は自然を侵害し、神様を粗末に扱う人間に怒りを抱き、何度も戦いを挑みます。

人間と自然の間に立ち、平和を願って仲裁に入ったアシタカだけは唯一心を許せる人間となります。最初は野性的で狂暴な登場シーンでしたが、彼女はもともと優しい人で、アシタカの命を助け、看病し、服を修繕してくれます。ヤックルともすぐに打ち解け、親兄弟である山犬たち、獅子神、年老いた山神たちを大切に思っています。アシタカにプロポーズを受けた後でも故郷である森で暮らすことを選びます。

シータ

「天空の城ラピュタ」の登場人物です。まさにヒロイン!といったおしとやかで上品で、優しい女の子です。思わず「守りたい!」と思ってしまうような可憐さとか弱さを持っており、理想の女性として男性人気ではトップを争うのではないでしょうか。

しかし、数々の危険な修羅場を潜り抜け、ラピュタでも命からがら生還しました。盗賊団たちともすぐに打ち解けるコミュ力と、環境に溶け込むたくましさも持ち合わせています。

チョッパー

マスコット的存在のチョッパー。いまだに懸賞金は100ベリーです。年齢は17歳で船医をやっています。

真面目で誠実な性格で、医療に対して高い志を持っており、とても研究熱心です。けがをしている人がいたら敵味方関係なく治療するなど、心優しい性格です。また、素直な性格で、褒められると照れ隠しをするものの、感情が駄々洩れなところが可愛いですよね。

臆病で人見知り、不幸な生い立ちだったこともあり、最初はルフィたちを警戒し、なかなか心を開きませんでした。しかし、本当の仲間だと認め心を許すようになってからは、ルフィやウソップとふざけたりはしゃいだりして、打ち解けている様子です。

仲間が窮地に立たされると、暴走してしまう面もあります。そして、そげキングの正体を知らないというように、騙されやすいという弱点もあります…。

黒崎 一護

「BLEACH」の登場人物です。

ブリーチの髪に、眉間によったしわ。目つきが悪く、不良だと間違われて教師にも目をつけられています。無愛想で他人への関心が薄いため誤解されがちですが、実際は穏やかで優しく、思いやりのある性格です。また、国語が得意で成績優秀です。名前の通り、彼の使命は「大切な人を守ること」です。妹たちを命がけで守るなどとても家族思いです。

平和主義で戦うことをあまり好んではいません。「困っている人を助けたい」という一心で死神として戦うお人好しっぷりです。そして、非情になりきれない面を指摘されることもしばしば。しかし、周囲からの信頼も厚く、関わった人たちはみんな彼を慕っています。

時透 無一郎

「鬼滅の刃」の登場人物で、剣の天才です。まだ14歳ですが、剣を習って2か月で霞柱に昇格しました。怒りをエネルギーに、重症の体に鞭打って修行をした結果だそうです。

記憶喪失で過去のことを覚えておらず、すぐに忘れてしまいます。登場初期は感情が欠落しているかのようにあらゆることに無関心で、ぼんやりとしていて緊張感のない状態でした。産屋敷を慕っており、柱としての任務には忠実で、無駄を嫌い合理的な判断を下すこともあります。結構毒舌で、歯に衣着せない物言いをします。

炭次郎たちと接してともに戦ううちに、徐々に記憶や本来の自分を取り戻し、笑顔を見せたり、悲しんだり、ドSキャラになったりと感情が豊かになっていきます。普段は穏やかでふわふわしていますが、戦うと荒々しく、口が悪くなるというギャップがかっこいいキャラクターです。

一見ISTPのようですが、自分の価値観を優先して決断を下すことが多いため、ISFPとします。

伊藤 誠

ラブコメアニメ「スクールデイズ」の主人公です。

ISFPにしては珍しく誠実さを欠いており、あらゆる方面を敵に回しています。作品を見たことがなくても彼を知っているという人が多く、ネット上にその名を轟かせています。私はアニメを見たことがありませんが、ウェキペディアだけ読み戦慄しました。怖いもの知らずの方はぜひ作品を見てみてください!

松野 千冬

「東京卍リベンジャーズ」の登場人物です。東京卍會1番隊副隊長であり、隊長である場路にボコボコにされるという衝撃の初登場でした。重要な人物として物語に深く関わり、後にタケミチの相棒になって心の支えのような存在として活躍します。

場路をめちゃくちゃ尊敬していて、忠犬のように懐いています。誠実で仲間思いな性格で、クールな態度ですが実は情熱を秘めています。だからこそ、タケミチは彼を信頼して秘密を打ち明けます。仲間が道を外れたときも、正しい方向に導くことができる真っ直ぐな正義感と揺るがない信念を持っています。

隊長たちに匹敵する強さは持っていないものの、優しさと心の強さを兼ね備えた人物です。彼が出てきたときの安心感は計り知れません。カッコいいだけでなく、ときおり可愛いのも魅力です。

狗巻 棘

「呪術廻戦」の登場人物です。都立呪術高専の2年生で準1級呪術師であり、虎杖たちの先輩にあたります。乙骨憂太の同級生として0巻(劇場版)でも登場します。

発した言葉が呪いとなり相手を攻撃します。よって、普段はおにぎりの具の名前だけでコミュニケーションをとります。

周囲を気遣い、自分を犠牲にしてでも他人を助けようとする、優しく正義感のある性格です。「しゃけ」とか「おかか」しか話せないのも、自分の発した言葉が人を傷つけないようにするためでもあります。

悪口や失言で人を傷つけてしまう…という方はぜひ彼を見習って、おにぎりの具しか話せないという制約をもうけてみてはいかがでしょうか。私もやってみようと思います!

まとめ

ISFPのキャラクターは可愛さとカッコよさを併せ持ち、優しくて正義感のあるとても魅力的なキャラクターばかりです。やわらかな雰囲気の中に独自の価値観が隠されており、譲れないもののためには怒ったり戦ったりする芯の強さも魅力です。

ISFPのキャラクターを見つけ次第、今後も追加していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました