INFPが経験したINFPあるある~その②~

本を読む MBTI

INFPである私が経験した、INFPあるあるをご紹介します。

声や雰囲気などが安心すると言われたことがある

一緒にいると安心する、癒されると言われたことはありませんか?INFPは声や雰囲気が柔らかく優しいため、人に安心を与えることができます。

INFPの特徴は声にあります。自己主張することが苦手な性格ということもあり、声は小さめで、落ち着いた話し方をする傾向があります。よって、人に話しかけても気づいてもらえなかったり、大人数では発言できなかったり、店員さんを呼ぶ「すみません」がめっちゃくちゃ苦手だったりします。一方で、1対1の会話や人の相談に乗る際にはこの声が大活躍します。

また、INFPははにかんだような穏やかな表情をしていることが多く、目がキラキラしているのが特徴だそうです。説明したり言葉を話すことに苦手意識があるため、笑顔でいることで自己主張し、うまくコミュニケーションをとろうとしているんだと思います。こういった特徴が、癒し系の理由なのかもしれません。

怒ったら黙る。一人になって泣きながら耐える

怒りを感じたら、言葉よりもまず涙が出て来ます。そして、コミュニケーションをとることはせず、とにかく黙りこみます。人前だと、一人になりたくてトイレにこもったりもします。

言葉にしないと分からない!面倒くさい!と思われるかもしれません。しかし、筋道立てて話すことや怒りの言語化が苦手なINFPはうまく話すことはできず、とにかく感情が先にあふれてきてしまうのです。あとは、怒ってはいけないという価値観を抱いているケースも多く、自分の中で怒りを消化しようとしてしまいます。人といがみ合いたくない、人の機嫌を損ねたくない、嫌われたくないという気持ちがとにかく強いことも理由だと思います。

INFPは怒りを感じると、まずは一人になります。頭の中で怒りを解消する方法をごちゃごちゃ考えながら、一人で静かに耐えます。嫌なことを忘れるために、めちゃくちゃ長時間寝たりもします。しかし、結局感情を処理しきれずモヤモヤが残ります。

怒りを人にぶつけるようなことはしませんが、とにかく長期間根に持ちます。これはINFPのメンタルにとっても良くないと思うので、正直困っています。

ちなみに、私のENFPの親友も似ていました。喧嘩っぽくなったときはお互いに黙ります。一応怒っていないふりをしますが、なんとなく相手も怒っていることには気づいているため、自然に距離が離れていきます。そして、相手の見ていないところで泣きます。

人に感情をぶつけることはとても怖いですが、怒っていることを伝え、話し合うことも大切なので、気を付けたいなあ・・・と思ってはいます。

よくいじられる

INFPはかなりの確率でいじられます。私も経験あります。INFPらしき同級生や同僚がいじられているのを見たことも何度かあります。

最初は仲良くなれた気がして、楽しいしうれしいのですが、あまりに度が過ぎるとかなり辛くなってきます。「いじりやすいからって、何を言ってもいいわけじゃない!」と腹が立ってきます。ただ、嫌われたくなくて、何を言われてもニコニコ笑っていることが多いです…。

社会人になってからも、上司や先輩からいじられることが多かったです。最初は軽い感じで始まりますが、発言がエスカレートして悪口やパワハラっぽくなっていきました。毎日となるとさすがに落ち込み、結局会社を辞めたこともあります。しかし、いじってくる相手からすると、「そんなことでいちいち傷つかないでほしい」「こっちが悪者みたいに被害者ぶるな」「INFP面倒くさい」と思っていると思うし、その気持ちも分からなくはないです。

この経験から、仕事ではある程度の距離感を保ち、いじりにくいほど気まずい関係でいることが自分のためにも他人のためにも大事だと学びました。職場では不思議な発言や、自虐でウケを狙うのは控えて、いじってきそうな相手には近づかないようにしています。

勘が良い方だという自信がある

直観に従って行動するINFPは、自分の勘に謎の自信があるのではないでしょうか。

私自身も、色々やらかしてきたのに意外と平和に暮らしてこれたのは勘のおかげかなあと思ったりします。また、「この人はいい人そう!」とか、「なんとなく、この人には近寄らないでおこう」といったように、勘に頼って人づきあいをすることがあります。その勘がうまく働くこともあれば、外れることもあります。ただ、第一印象で「苦手かも」と思った人は、一時的に仲良くなっても離れていくことが多いとは感じます。

あと、思い込みが激しいので、一度疑ってかかるとなかなかその人を信用できなくなったりもします。この直観による被害妄想も激しく、ありもしない思い込みで自分自身の首をしめることもあるので、注意したいところです。

趣味は人間観察

INFPである私は、よく人間観察をしています。友人や家族だけでは飽き足らず、部活やサークルや職場での人間模様や立ち振る舞いなど、結構見ています。しかし、他人を観察しているからといって気が利くわけではないのいうのが辛いところです…。

INFPは16タイプの中でも特にMBTI診断が好きで興味を持っている型だと思いますが、性格診断のようなレッテル貼りみたいなものも好きで、他人を型にあてはめて理解しようとします。自分とはかけ離れた人間に対しても、関わりたいとは思いませんが、好奇心旺盛なため観察対象として興味は持っています。

とある日、ESFPの先輩に対して「○○さんって、○○な性格ですね」とポロっと言ってしまって、「他人を勝手に分析して決めつけるな!」と怒られたことがあります。他の型は知りませんが、ESFPやISFPは勝手に分析されたり枠にはめられたりするのが嫌い、つまりMBTIそのものがあまり好きではない人もいるみたいで、すごく反省しました。それ以来、人間観察は自分の中だけで楽むことにしました。

集団行動が苦手。2~4人程度が落ち着く

女性なら心当たりがあると思いますが、学生の頃教室で派閥やグループができていたと思います。集団が苦手なINFPさんは、新しいクラスでそのグループに入れるのかという心配が付き纏います。結局、親友とふたりでずっと一緒にいるか、3~4人程度のグループに落ち着くことが多いのではないでしょうか。

この問題は社会人になっても起きます。職場の女性同士の馴れ合いや、いざこざにはめちゃくちゃストレスを感じます。女同士ってなんでこんなにめんどくさいんだろうと思いながらも、嫌われないように必死に合わせようとします。2~4人程度の少人数の部署では、仲良く平和に過ごせたりします。

人と違う自分に悩みながらも、個性的でいたいと思っている

誰でも人とうまく関われなかった過去があると思いますが、INFPさんは特に人間関係で苦労してきた人が多いのではないでしょうか。

空気が読めないと悩んだり、不思議ちゃんだと言われてからかわれて傷ついたりしたことはありませんか?友達を作るのが苦手で、いつも一人で妄想の世界に入り浸っていた人もいるはずです。だからこそINFPさんは自分を殺して、「空気を読まないと」「人に優しくしないと」「人に合わせないと」と、人一倍気を使ってきたと思います。

ところが思春期になると、INFPは「自分の個性って何だろう」と悩むようになります。私自身も「無個性だ」と友人に言われたことがあり、今も覚えているほど滅茶苦茶ショックを受けました。その後どうなったかというと、「普通」のレールから外れて、こうやってブログを書いています…。そして、「変わっているね」なんて言われると、悪口だっだとしてもちょっと嬉しいと思ってしまいます。

私は自分を「特別な人間」だと思っていて、自己愛も強いと思います。もし「普通の人だね」と言われて平気でいられたら、もう少し堅実でまともな人生だっただろうなとも思います。

話すより、文章を書く方が得意

INFPは思考が支離滅裂で、論理的に考えるのも苦手なので、自分の意見を発言したり、筋道を立てて物事を分かりやすく説明することが苦手です。その場での思いつきで難しいことを発言しようもんなら、もう大惨事です。そして、自分でも何言ってるんだろうと、パニックになります。

私の場合頭の回転があまり速くないのですが、閃きで話してしまうため、意味不明なことを言ったり言い間違えたりして恥ずかしくなります。

だから、文章の方がまだ得意です。言いたいことが伝わるよう文章を推敲できるし、変なことを書いても取り消しができます。

また、INFPの頭の中は常に考えが湧き出てきて混沌としています。それを他人に話すこともあまりしないため、ときどき頭がいっぱいでパンクしそうになります。私の場合、自分の思いを文章にして吐き出すことでストレスを解消し、感情のバランスをとっています。

ときどき驚くべき行動力を発揮する

あの頃の自分はどうかしてたな…と思うことはありませんか?私はあります。

INFPの人からは、心に仕舞っておくのはもったいない面白い体験やエピソードがいろいろ出てくるのではないでしょうか?それが黒歴史の場合も多いとは思いますが。

私はめちゃくちゃ慎重で臆病で、できればリスクをとりたくない性格です。しかし、大学3年の夏休み、突然インドに行きたくなってどうしようもなくなりました。インドへ行ったら人生観変わると聞いたので、確かめたくなったのです。

思いついて即、インド行きの航空券を予約しました。その後、インドに1か月間一人で滞在しました。水しか出ない牢獄みたいな宿に滞在し、朝昼晩3食カレーを手で食べました。インド人と卓球したり、インドの子どもと算数したりしました。楽しかったですが、人生観はまったく変わりませんでした。

超小心者で内向的な自分が、なぜあんな思い切った行動ができたのか、いまだに謎です。

まとめ

いかがでしたか?INFPあるあるをご紹介しました!

そろそろネタ切れですが、その③もいつか書くかもしれないです!

INFPあるある~その①~はこちらからどうぞ(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました