切れ者で野心家!ENTPのキャラクター・登場人物【MBTI】

バラ MBTI

高い知性と行動力を持ち、集団の中でも目立つ存在です。ENFPと同様、行動力と頭の回転の速さ、自由な精神を持ちますが、突拍子もなく行動したり発言したりするENFPよりは目標志向で高い向上心を持ちます。そして、ESTPよりは深く物事を考え、考えながら行動するのが特徴です。

ENTPのキャラクター・登場人物は個性が強すぎてカオス状態です。そして、並外れた強さや能力を持ちます。「サイコパス」「残念なイケメン」「頭おかしい」と言われてしまうこともありますが、野望へと情熱的に突き進む姿はとても魅力的です。

ときどき犯罪の片棒を担ぐことはあっても、絶対に闇堕ちしない安心感があります。元から闇に堕ちている人物もいます。

※少しネタバレを含みます。

ENTPの性格

頭の回転が速く、話術が巧みで議論好き。情熱的でオーラがあり、集団の中でも特別目立つ存在です。明るく親しみやすい人柄でジョークを言って人を楽しませようとすることもあり、自分をアピールすることが得意なため魅力的な人として人々の目にうつります。

好奇心旺盛で広い範囲にアンテナを張っており、情報感度は高めです。興味があることには勉強熱心で、幅広く知識を取り入れ、自分の言葉として発信することが得意です。最新で斬新なアイデアを早急に採り入れる柔軟さと、スピード感を持って実践する行動力を持っています。

社会の常識やルール、上下関係、無意味な伝統や権力に縛られることを嫌い、常に時代の最先端を取り入れ、独自の信念やルールに沿って行動する自由な精神を持っています。

成功を求め、常に高い向上心を持って行動します。他人に認められたいという意識も強いため、競争心や野心を持って並外れた努力をします。現状に満足することなく試行錯誤しながら、より困難な目標に挑戦することを楽しみます。意義を感じない単純な作業や手順の決められた作業は苦手ですが、困難さえも楽しもうと自分で創意工夫することができます。新しく何かを始めることは好きですが、飽きっぽく興味が移ろいやすいため最後までやり抜くことは苦手です。

問題を発見することに秀でています。しかし、他人のミスや欠点に目が行きやすいため、向上心に欠ける人や依存体質な人、論理的でない人や仕事が遅い人に批判的になることがあります。また、周囲に同調せず率直に自分の意見を伝え、思ったことをすぐに口に出すため、デリカシーがない、他人の気持ちを考えないなどと反感を買うことがあります。

ENTPの登場人物・キャラクター

工藤 新一(江戸川コナン)

「名探偵コナン」の主人公です。高校生探偵として活躍していましたが、色々あって体が縮んでしまい、江戸川コナンと偽名を名乗って幼馴染と同棲しています。(幼馴染の父親も一緒に同居中)口癖は「バーロー」、「あれれ~?」、「ボクちょっとトイレ」です。

好奇心旺盛な性格で事件と聞くと積極的に首を突っ込み、圧倒的な知識量と鋭い直観と洞察力によって解決します。高い運動神経を持ち、蘭がピンチに陥ると人間の限界を超えて色々できるようになります。興味があることにはオタク気質で、蘭にホームズのうんちくを延々と話し呆れられることもあります。

登場初期は目立ちたがりで自分の活躍を鼻にかけ、推理の楽しさのみを追い求めていました。そして、どんな理由があろうと犯人には同情せず、どんな相手にも物怖じせず毅然とした態度で立ち向かい、巧みな話術やド正論で犯人を追い詰めることもありました。しかし、自分が真相を暴いた後で犯人が自殺した事件をきっかけに、コナンは探偵としてのあり方を悔い改めるようになります。

実は私文書偽造罪(身分を偽り小学校に入学)、暴行罪(おっちゃんを麻酔針で眠らせる)、住居侵入、道路交通法など、いろんなことやってます。「盗聴すりゃいいんだよ」はまさに迷言です。

エドワード=エルリック

「鋼の錬金術師」の主人公です。弟のアルと共に人体錬成を行った際手足を失い、弟と自身の体を取り戻すために旅をしています。

禁忌を犯したものの生還し、魂の錬成を成功させ、12歳で国家錬金術師になった天才です。しかし、すぐ人に噛みつく短気で生意気な性格であり、勝手に突っ走って周囲を振り回す悪ガキです。赤いマントを着て、武器をわざわざ装飾過多に錬成するなど、派手好きで目立ちたがりです。「豆」や「ミジンコ」といったワードに過剰に反応して悪口へと変換したり、身長をかさ増しするためにアホ毛をセットしたりするほど、身長にコンプレックスを抱いています。

爆発的な集中力と行動力を持ち、勉強熱心で努力家です。頭の回転が速く、直観に優れ、わずかな手がかりから真相に辿り着くなどかなり有能です。ぶっきらぼうで意地っ張りですが、善人や弱者には優しく、自分よりも弟のことを大切にするなど家族思いで情に厚い性格でもあります。

富や名誉には一切興味がなく、目上の人や権威のある人に遠慮したり謙遜したり媚びたりはしません。(師匠のイズミは除く)大佐には特に生意気な態度を取りますが、自分よりも立場が下の人たちには対等な立場で接することを望みます。

ヒソカ

「HUNTER×HUNTER」の登場人物です。ミステリアスなイケメンですが、戦闘狂で変態です。

善悪やモラル、ルールや常識、法律は一切無視で、欲望の赴くまま、自由気ままに行動します。敵でも味方でも、自分の利益になるなら平気で裏切ったり、寝返って味方になり共闘することもあります。また、相手の強さに点数をつけたり、念能力の系統別性格診断を自分で作るなど、分析や格付けが好きなようです。

彼の素性は一切不明です。過去には一切興味がなく、かなりの未来志向です。彼の審美眼は現在の強さではなく、将来性を考慮するのも特徴です。未来の危険を予測し対策を立てておくなど、念には念を入れて対策し、ピンチを切り抜けます。

気まぐれなサイコパスで残虐かつド変態でありながら、不思議と魅力的に感じてしまう大人気キャラクターです。

ウソップ

「ワンピース」の登場人物です。麦わらの一味の中では狙撃手を担当しています。

想像力豊かで、妄想や嘘がペラペラと口から出て来ます。小心者に見えて、譲れないもののためなら命をかけて戦う度胸と勇気と根性を持ち合わせています。頭の回転の速さと話術を武器に、嘘やハッタリでピンチを何度も切り抜けています。

全員が人間離れした能力や感覚を持つ麦わらの一味の中では、唯一普通の人らしさを持ち合わせています。しかし、狙撃手としての才能を父から受け継いでおり、本人もびっくりするほどの命中率です。技術にも強く、武器の発明家でもあります。

嘘つきですが、情に厚く誠実でいい奴です。彼の故郷を海賊が襲って来た際、逃げるよう言っても誰も信じてくれなかったため、「このまま何もなかったことにしていつも通りの嘘にしてしまおう」と考え命がけで戦いました。また、メリー号をめぐって、力で敵うわけないルフィにけんかを挑むシーンは涙なしには読めません。

ウソップの嘘はほとんどが作中で実現しているそうです。ENTPの人はビッグマウスの人が多く、夢をあえて言葉にして自分を追い込み、それを実現するパワーや情熱を持っていると思います。

涼宮 ハルヒ

「涼宮ハルヒの憂鬱」の主人公です。成績が良く運動神経は抜群、スタイルの良い美少女で、天から何物も与えられた選ばれし人間ですが、気が強く、人からどう見られるかを気にせずマイワールドを繰り広げる変人でもあります。

好奇心旺盛で、面白い出来事や非日常を求めています。何も起こらない日常に飽き飽きしており、超能力者、宇宙人、未来人、異世界人をいつも探していますが、心のどこかで冷静に現実を見ているリアリストな一面もあります。必要とあらば常識人のように振る舞うこともできます。

何かを思いつけば言葉に出さずにはいられず、一度思い立ったら実行に移さずにはいられない性分です。感情の上げ下げが激しく気分屋で、迷惑を顧みず周囲を巻き込んで突っ走ることもあります。

一方で、ちゃんと仲間を気にかけており、気になる存在であるキョンに対しては素直になれないツンデレキャラです。

折原 臨也

「デュラララ!!!」の登場人物です。情報屋を営んでいる謎の青年です。

決して善人ではなく、かといって悪人というわけでもない微妙な立ち位置にいます。「人間を愛している」という独特な価値観を持ちながらも、人付き合いを好まず孤独を愛し、人間は観察して楽しむための好奇心の対象でしかありません。

池袋の人の情報を集め、関係性を知り尽くしています。人を裏で操るようなことも得意です。好奇心から、実験的に人間関係を滅茶苦茶にし観察するサイコパス的な一面もあります。しかし、ときどき痛い目に遭います。

唯一嫌いな人類・平和島静雄とは犬猿の仲で、得意のパルクールで逃げ回ります。また、双子の妹たちには苦手意識を抱き、手を焼きつつも面倒を見るなど人間らしい部分もあります。

残念なイケメンという言葉がぴったりな人物です。

ハンジ

「進撃の巨人」の登場人物です。調査兵団第4分隊長で、中性的な容姿のキャラクターです。

明るく優しく、隊長でありながら親しみやすいキャラクターです。いつも前向きではつらつとした性格で、喜んだり怒ったり悲しんだりと感情は豊かです。人類の未来のためを思って可能性を探ろうとする情熱を持っています。

ハンジの本質は研究者であり、ハンジにとって巨人というのは憎むべき対象でありながら好奇心の対象でもあります。未知へのワクワクを抑えられず、うっかり死にかけることもあります。

キャラクターデザインや口調から性別はおそらく女性だと思いますが、性別をまったく感じさせないのがハンジらしさです。巨人を生き生きと拷問するマッドサイエンティストのような印象を抱かれがちですが、まっすぐな正義感を持ち、人類のために命を懸けて戦い、周りからも信頼されるキャラクターです。

五条 悟

「呪術廻戦」の登場人物です。世界の均衡を変えてしまうほどの最強の呪術師です。

菅原道真の子孫で、生まれつき最強です。非の打ち所がなく、産まれたときから特別扱いされ、普通の人間には理解が到底及ばないような人間離れした人物です。よって、何を考えているのかは分かりませんが、表面的には楽観的で明るく、おしゃべりで飄々としたつかみどころのないキャラクターです。

虎杖に好意的で命を救いますが、あくまで利用価値があるとして生かそうと考えている節があります。古い体制や権力、老害と化した上層部を嫌っており、彼らを反面教師に、新しい組織に改革しようと企んでいます。そのためには教師になって、若く優秀な呪術師を育ててる必要がありました。掟を色々無視して、訳ありの生徒ばかりスカウトしています。

味方で良かったと思わずにはいられないキャラクターです。女性ファンが多いですが、本人曰く「性格が悪い」そうで、作者の芥見先生が言うには「七海にしておけ」とのことです。

姫野先輩

「チェンソーマン」の登場人物です。公安のデビルハンターとして働く眼帯の美女で、アキのバディであり、デンジの先輩にあたります。

自由奔放で破天荒な性格です。公安の仕事を長く続けられるほどのぶっとんだキャラでもあり、純粋な後輩を誘惑したり、真面目なアキにタバコを吸わせたりなど、後輩に悪いことを教えるヤンキーの先輩のようでもあります。過去に何があったかは分かりませんが、直観的にマキマのことを嫌っています。

常に冷静でとっさの判断力に優れ、仕事ができる有能な人物です。ぶっとんでいるようで、デンジが未成年であるのを気にしたり、亡くなったバディの墓参りをしたり、コベニを看病したりと、優しくどこか真面目で常識人な部分があります。

詳しい素性は明かされておらず名前も不明ですが、切なさと共にトラウマを主人公と読者に植え付け、物語に大きく爪痕を残した人物です。

まとめ

ENTPだと思われる登場人物・キャラクターをご紹介しました。

変わり者で癖の強いキャラクターが多いですが、頭が良く、高い実力を持った大人気キャラクターばかりです。ENTPの主人公もとても多いです。

今後も追加していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました