【抜毛症】髪を抜く癖がやめられない人へ!原因と治し方10選

心を整える

約10年間、私が苦しんできた抜毛症について、自分自身の経験を踏まえ、治した方法や対策を紹介します。抜毛症に苦しむ方の参考になればと思います。

髪などの体毛を引く抜く、抜毛症とは?

抜毛症とは髪を自分で引き抜く自傷行為の一種です。髪だけでなく、眉毛やまつげなどの体毛、男性なら髭を引き抜く行為もこれに当たります。ひどくなると、抜いた毛を食べたり、かさぶたになった皮膚をむしる行為に発展することもあります。また、頭髪がほとんどなくなるまで抜いてしまうこともあります。

男女問わず発症しますが、小学生低学年くらいの女の子に特に多く見られる症状です。自然に完治することが多いと言われていますが、中には30年くらい完治しない人もいます。

こうした奇妙な症状ですが、人口の約5%にこの症状が見られるそうです。隠しているだけで、実は悩んでいる人は少なくありません。私の周りでも、「実は抜毛症だった」と打ち明けてくれた友人が何人かいました。カフェやレストランで、勉強している学生さんや、小さい小学生の女の子が抜いているところを見かけたこともありました。

髪を抜く原因と心理

髪を抜く原因は、一般的にはストレスと言われています。

私の場合も、始まりは受験や仕事のストレスでした。

また、何かを考えているときに症状がでやすいです。他には、自覚していなくても、心の奥底でモヤモヤとした不安や苛立ちを抱えていたり、何かを我慢しているときにも症状が出やすいです

また、心の病と併発することもあり、私の場合は適応障害、うつ状態、強迫神経症、自律神経失調症にかかったときに抜毛症の症状がひどくなりました。

そして、生理前のPMSの期間や、生理が来た後の血が不足しているときも精神的に不安定になるため、同じように症状がひどくなりました

そして、一度癖になってしまうと、機嫌が良いときでも抜いてしまいます。

髪を抜いているときの心理状態は、ただ無心のときもありますし、ものすごく落ち込んだときにも抜きます。そして、太い毛や痛んだ毛が抜けると、ちょっとすかっととします。

数本のうちは、気持ちがいいのですが、次第に髪を抜くのが辞められなくなってきて、辞められない自分が嫌で、「禿げてしまったらどうしよう」と、すごく不安な気持ちになってきます。そして、余計に抜いてしまいます。

自分自身の抜毛症の経験談

私は、大学受験の勉強中に抜毛症を発症しました。もともとイライラすると髪を触る癖があったのですが、ある日ふと痛んだ髪を抜いたり、切れ毛をちぎったら気持ちよくて何本も抜いてしまったのが始まりでした。

勉強中は常に髪を触っていて、気づけば周りは抜いた髪だらけ、外にいても抜きたくなってトイレで何本も抜いてしまったりしていました。

数か月すると、一部の髪が大分薄くなり地肌が見えてきてしまいました。そこで、学校以外の場所ではニット帽をかぶって、髪を触らないようにして生活していました。また、仲の良い友人にもこの症状を話していたので、無意識に髪を触ったらそのことを指摘してくれていました。大学生になったら髪を伸ばしたい!という目標があったので、必死に我慢していました。そのようにして、完全な禿げになることはなく、なんとか最後受験を終えることができました。

受験が終わり大学生になって、身なりに気を遣うようになってからは一度症状は落ち着きました。そして、大学の4年間はまったく勉強せずに遊んでばかりでしたが、考える時間が減ったこともあり、抜毛症は一度なくなりました

しかし、社会人1年目でまた症状が出始めました。営業職で新卒入社した会社が、実力主義かつ競争がある会社で、自分の生活をすべて仕事か仕事の勉強に費やし、睡眠もほとんどとっていませんでした。それに加え、毎日怒られながらギリギリの精神状態の中過ごしていました。

入社から3か月ほどで再発し、昔と同じように頭皮が見えるほど抜いてしまっていました。再び病院へ行き、適応障害と診断されました。本当に禿げかかっていたので、結局1年未満でその会社を辞めました。転職した会社は良い会社でしたが、また無理をしてしまい、同じく適応障害と抜毛症の悪化により、その会社も1年しか続きませんでした。

その後4年間は、睡眠をしっかりとり、休養も取り、無理をしないよう生活を変えました運動や食事も気を付けるようになりました。仕事も負担の少ない事務の仕事に変えました。現在に至るまで、抜毛症は落ち着いたり再発したりを繰り返し、約10年たってやっと抜毛症が治まりました。

抜毛症を発症するのはどんな人?

私自身、内向的な性格で、心配性で被害妄想が激しいです。周囲から影響を受けやすく、コロコロと気分ややりたいことが変わります。人間関係も昔から悩むことが多く、人からどう見られるか気になり疲れ果ててしまうため、友人とは狭く深く付き合います。一方で、負けず嫌いかつ、見栄っ張りな性格で、仕事も勉強も向上心を持って頑張ります。しかし、夢見がちで高すぎる目標を立てて、無理をして心や体を壊したり、すぐに挫折し落ち込んだりします。

抜毛症であることを友人に打ち明けると、「実は私も抜毛症だった」と打ち明けてくれた友人が3人もいました。

そのうちの二人は女性で、真面目で完璧主義で、勉強も仕事もめちゃくちゃ頑張っていました。二人とも自己表現が苦手で、人付き合いがあまり得意でなく生き辛さを感じている点で、私と少し気質が似ている感じがしました。

もう一人は男性で、髭や眉毛、まつ毛を引き抜いてしまう人がいました。その男性は、強迫性障害を持っていて、正義感が強く、度が過ぎるほどの真面目な性格でした。彼の家族が優秀で、良い大学へ入らなければ!というプレッシャーを抱えていました。そして、頭が良くて体力もあるのに、進学でつまずいたきり、うつ状態になってしまっていました。
こういった点を踏まえて、以下のような性格を持つ人に多いような印象です。

  • 完璧主義な人
  • 必ずこうあらねば!という極端な思考の人
  • 神経質で真面目、頑固な人
  • 不器用で、人付き合いにも問題を抱え、世の中を生きにくいと感じている人
  • 不安になりやすい、強迫観念を持つ強い人
  • 言いたいことなどを我慢してしまう人

抜毛症を治す方法は?

帽子をかぶって生活する、髪をしばるといったことは抜毛症で悩む方のほとんどがやったことがあると思います。しかし、それだけでは治らなかったという方が多いのではないでしょうか。

私自身も同じで、ずっと帽子をかぶっているとムズムズして脱いでしまったり、我慢したことでかえって髪を抜いてしまうことがありました。髪を結ぶのは効果がありましたが、髪型がショートカットの方はこの方法は不可能です。

そこで、こういった物理的な方法以外で、髪を抜きたい衝動を緩和できた行動や習慣をご紹介します。

甘いもの、カフェインを絶つ

精神的に不安定になる原因は、白砂糖とカフェインです

私は以前、甘いものが本当に好きで、毎日のコンビニスイーツがご褒美でした。また、コーヒー依存症で毎日飲んでおり、徹夜をするためにカフェイン入り栄養ドリンクなども飲んでいました。

今思えば、これが最悪の習慣だったなと思います。当時はあまりに精神的に不安定で、学校や仕事に行けなくなり、落ち込みながら髪を引き抜いたりしていました。

今すぐ控えるのが難しくても、お菓子作りにてんさい糖や黒糖、ラカントを使うなどすることで血糖値スパイクが抑えられて、落ち込みがなくなります。

また、コーヒーをノンカフェインコーヒーに置き換えるだけでも全然違うので、ぜひ試してみてください。

不安を紙に書きだす

髪を抜いているときって、なぜ不安かもわからないまま、頭がもやもやして、とにかく気分が落ち込んで・・・そのもやもやを解消させたくて髪を抜いてしまうといった経験はありませんか?

不安をまず可視化してあげましょう。今思っていることを全部紙に書きだしてあげることで、何が不安なのかはっきりしてきて、解決策が分からなかったとしても、気分だけでも落ち着いてくるはずです。

とにかく寝る

睡眠時間は足りていますか?ショートスリーパーの人以外は、5~6時間の睡眠では不十分なことがあります。睡眠は、体を疲れをとるだけでなく、心の回復にも必須です。体や心が疲れていると、体温が下がり、血行も悪くなるため、ネガティブな思考に陥りやすくなります。

最低限7~8時間の睡眠を毎日とりましょう。また、毎晩湯船につかり、体をあたためてから眠ると睡眠の質が向上します。スマホやPCのブルーライトも睡眠に悪影響であるため、夜は使用を控えましょう。

鉄分を摂る

鉄分が足りないとうつ状態になります。生理のある女性の方には特に大切な栄養素です。

私自身も以前貧血がひどく、精神状態も不安定でしたが、鉄分不足が原因と気づいてからは、肉類やほうれん草をとるようにし、鉄分のサプリメントも飲むようにして、かなり改善されました。

こちらは気分の落ち込みに効果的です。ビタミンも含まれるため疲労にも効きます。

プルーンは鉄分が豊富かつ美味しいので、おやつにもぴったりです!

根本的な原因を取り除く

根本となる原因、ストレスになっている要因を探してみてください。

身近な人たちが関係しているかもしれないし、自分を追い詰めるような思考癖があるのかもしれません。また、アスペルガー症候群やADHDなどの発達障害が隠れているかもしれません。他にも、うつ病や強迫神経症などを発症している可能性もあります。

そうなると、対策がかなり変わってきます。抜毛症うんぬんの問題ではなく、もっと楽に生きるために、時間をかけてでも解決するべき問題かもしれません。

私の場合は、適応障害と生理前のPMSがかなり関係していることに気づきました。生活が忙しくて睡眠や食事がちゃんととれずにうつ状態になってしまったときと、生理前のPMSで精神が不安定になっている時期に抜毛症がひどくなっていたからです。

それらの元をたどれば、睡眠不足、運動不足、栄養不足などの生活習慣の乱れや、生活リズムの乱れに問題がありました。

また、「~するべき」といった強迫観念を持っていて、それに加え、ネガティブな思考癖、負けず嫌いでプライドの高い性格、被害妄想の癖なども、適応障害やPMSを悪化させている原因だと気づきました。

適応障害はとにかく休むことが大事だと心療内科の先生から言われ、1日12時間くらい眠り、栄養のあるものを食べて、ぼんやりしたり、散歩したり、遊んだりしていたら、時間は数か月かかりましたが治りました。

PMSは、最初は低用量ピルや漢方を使って治療しました。しかし、かなりお金がかかったため、途中からは、生活の改善を行いました。

まず、白砂糖とカフェインを控えました。また、市販でも売っているセントジョーンズワートというサプリメントがわりと合っていました。これはハーブなので劇的な効果はありませんが、お守りのように飲んでいます。

体が冷えたときや眠たくなったときも、イライラして髪を触ってしまうので、お風呂に入り、早めに寝るようにしています。

また、本を読んだり、日記をつけたりして、徐々に極端な思考をマイルドにしていっている最中です。

小さな目標を立てる

抜毛症が完全に癖になっている方は、髪を抜く頻度を減らし髪をはやすために、ある一定期間、髪を抜かないようにする必要があります。

癖や習慣を定着させるには、約1か月が良いとされています。しかし、1か月間ただ我慢するというのは、相当難しいと思います。

そこで、目標を立てることをオススメします。例えば、1か月後に友人と会う約束をしたり、旅行へ行く計画を立ててください。

そして、「友人と会うまで、髪を抜かないようにする」「旅行まで髪を抜くのを我慢する」というように目標を立ててみてください。

友人に会ったら、髪を気にすることなく、楽しく過ごしたいですよね。旅行先でも周りの目を気にせず、思いっきり楽しみたいと思います。そのように、短期間だけの目標を立てることで、徐々に癖を抜いていくことができます。

1か月は無理!という方は、1日だけでも大丈夫です。ただし、ここで注意しておきたいのは、心に負担を感じてまで我慢をすると、余計に抜毛症が酷くなる、ということです。少しだけ抜いてしまっても大丈夫!という気持ちで、ゆる~く考えましょう。

何か楽しみを持つことで、明るい気持ちで毎日を過ごすことができます。

私自身も、「友人と会う予定があるので、それまで抜かない」「友人の結婚式までは抜かない」「お正月までは抜かない」「旅行の日までは抜かない」というように小さな目標を立てて、少しずつ症状を緩和していきました。

気になっていたお店でランチをする、髪を隠さずに買い物をする、好きな服を着て出かける、などなど、どんなことでもよいので好きなことをする予定を立ててみてください。

髪に投資する

大学生のときに髪に気を使い始めたことで、酷かった抜毛症の症状がかなり落ち着きました。

抜毛症を発症していた受験生のときは身なりを気にしておらず、髪は伸ばしっぱなしでぼさぼさのままでしたが、大学生になったら綺麗に髪を伸ばしたかったので、良いシャンプーを使い、ドライヤーをして、つやつやの髪になるように頑張っていました。すると、もったいないので、抜くのを躊躇するようになりました。

ただし、傷んだ髪は抜毛症の原因になります。髪が痛んで枝毛が増えると、ちぎったり抜いたりしたくなるため、カラーリングはできるだけ控えた方が良いです。

できるだけ外出する

家に一人でいると、いろいろ考えてしまったりして、注意が自分へ向きます。そうすると、髪を抜きたくなってきます。そんなときは、注意を外に向ける必要があります。散歩して景色を楽しんだり、ショッピングしたり、誰かと話したりして、髪のことや自分の頭の中のことををいったん忘れましょう。

旅行もおすすめです。普段行かない場所で景色を見たり、電車をちゃんと乗り継いだり、道に迷ったり、美味しいもの食べたり、いやでも気分転換でき髪のことから離れることができます。

運動する

「すべての悩みは運動で解決する!」と言っても過言ではないほど、運動は効果的です。髪を抜くことでストレス解消せず、運動によって解消するようにしてください。運動をすると頭がすっきりして精神状態が良くなります。また、筋肉量が上がることで血行が良くなって疲れにくくなり、ポジティブな感情を保つことができるようになります。

個人的には、ジムへ行くことをオススメします。なぜなら、人目があるので髪を抜きにくく、ポジティブな人たちに出会うことができるからです。

私も抜毛症が一番ひどかった時期に、ヨガやダンスの教室に通いました。ジムで出会う人たちはみんな元気で、ポジティブなエネルギーをもらえるので、自然と心が明るくなったという経験があります。そして、その後は1~2か月で酷かった抜毛症が落ち着きました。

セロトニンを増やす

ネガティブな思考に陥りやすい人は、そもそもセロトニンが足りていません。日本人はセロトニンが少ないと言われており、生まれつき抜毛症にかかりやすいという場合もあるため、とにかく太陽を浴びて、セロトニンが含まれる食べ物を食べるようにしてください。

セロトニンが含まれる食べ物は、バナナ、乳製品、大豆、卵などです。

まとめ

私が実際に抜毛症を克服した体験を書かせていただきました。抜毛症はすぐに治る人もいれば、治るまで長い時間がかかる人もいます。でも、これだけは言えるのは、抜毛症の人の必ず心の中や、習慣の中に根本的な原因があります。

帽子をかぶったり、触らないように気を付けることも大事ですが、これに気付いて習慣を改めない限りは、長い時間治らずにとうとう髪が生えなくなったり、何度も再発を繰り返したりといったことが起こります。

場合によっては病院へ行き薬をもらったり、サプリメントを試したり、仕事や環境を変えたりといったことも必要です。いろいろ試行錯誤しながら、自分にあった治療法を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました