モチベーションアップにおすすめの映画7選

心を整える

落ち込んだとき、やる気が出ないときにオススメの映画

やる気と元気が湧いてくるような、私の大好きな映画をご紹介しておきます。

イエスマン

あらすじ

銀行員の主人公は離婚した後、友人の誘いを無視し、家に引きこもって無気力な生活をしていました。

ある日、新興宗教に誘われ連れていかれた集会で、「NOと言わない」という誓いを無理やり立てさせられます。その後、「NO」と言うたび、次々と災難が降りかかります。結局、「NO」と言えずにホームレスを助けてあげた後、美女と仲良くなれるという幸運が訪れ、すっかり信じ切った主人公はイエスマンとなります。

勧誘や広告、飲みの誘いや銀行の融資もすべて「YES」と言い続けます。仕事では昇進し、彼女もできてすっかりと幸せ者になりますが、どうしても「NO」と言わなければいけない場面が出てきたとき、主人公がとった行動とは…?

おすすめポイント

コメディ映画でとてもテンポが良く、ストレスなく楽しめる作品です。現実ではありえないようなノリですが、実際、自分も「NO」と言うことでいろんなチャンスを逃していると気づかされます。

気持ちがネガティブになったとき、この映画を見ると、何とかなりそうな気持ちになってきます。行動することの大切さ、ただのイエスマンにならないことの大切さ、人それぞれ様々な気づきを与えてくれるような映画です。

きっとうまくいく

あらすじ

インドの工業大学に通う3人の青年が主人公です。

その大学では教授が威張り散らしていたり、上下関係が厳しくしきたりがあったり、テストの点数が良ければ優遇されるといった風潮がありました。それに異議を唱え革命をもたらす、ランチョーという男が入学してきました。彼はテストのためや競争のためではなく、ただ工学を学びたいと思っており、教授や先輩に歯向かっていきます。

そんな変わり者と親友になった2人の青年は、彼との出会いによって人生が大きく変わります。そんな3人が大人になって再会しますが、自由人で風変りなランチョーとの再会は一筋縄ではいかず…?

おすすめポイント

一見コメディ映画に見えて、自殺率の高いインドの息苦しい社会や学歴社会における学生の苦悩なども描かれています。将来を押し付ける家族とのしがらみ、出る杭は打たれるといった風潮が少し日本と似ていて、日本人の私たちにとっても共感できる内容です。

明るい雰囲気でテンポよく進んでいきますが、シリアスなシーンもあります。そして、インド映画特有のミュージカル風の演出は少なく、インド映画を観たことがないという方でも楽しめます。

置かれた環境で思考停止しないことの大切さ、勉強をする意味、進路を自分で選ぶ大切さを教えてくれます。将来に悩んだり人生に迷ったりしたときに、勇気や元気を与えてくれるような映画です。

ショーシャンクの空に

あらすじ

銀行員の主人公は、不倫していた妻が殺害され、無実の罪で逮捕され刑務所に入ります。主人公は刑務所内でいじめや暴行を受けたり、体罰を受けたりして辛い目に遭います。

それでも屈せずに、銀行員の知識を使って刑務所長に取り入り、図書館などを作って娯楽を提供したり、徐々に刑務所内を居心地の良いものにしていきました。

しかし、その後何年も待ちましたが、彼の冤罪がはれることはありませんでした。ある日、強盗で入所してきた囚人が、彼の事件に関係した重要な発言をします。しかし、刑務所長によってそれすら揉み消されてしまいます。それでも諦めない主人公がとった、驚きの行動とは…?

おすすめポイント

どんなに辛い目にあっても、何度希望が失われても諦めないこと、現実を変えるのはすべて自分次第なのだと気づかせてくれるような作品です。

主人公は無実なのに刑務所に入り、その後も次々と不幸に襲われます。それでも、試行錯誤して、楽しみを見つけ出し、娯楽を生み出し、自分をよく思っていない相手すらも丸め込んでしまいます。

不幸を嘆くのではなく、工夫しながら自分で幸せを作り出そうという勇気をもらえます。そして、この映画の魅力は結末にあります。結末はとても意外な展開で、衝撃を受けること間違いなしです。

天使がくれた時間

あらすじ

ウォール街で証券マンとして成功した主人公は、高層マンションに住み、高級車に乗り、高級品を身に着け、美女と付き合い、何不自由ない生活をしていました。

クリスマスイブの日にコンビニ強盗を阻止した後、眠りにつきます。そして目覚めると、かつて仕事を優先するために別れた元恋人が妻になっており、2人の子どもがいました。自分の仕事は田舎のタイヤ販売員で、田舎の狭い物件に住み、本来の自分とはかけ離れた生活です。

最初は困惑し、ウォール街での生活に戻ろうと奮闘しますが、妻は今の生活が気に入っているからと反対します。しぶしぶ、妻や娘、友人たちと過ごすうちに、心に変化が訪れます。

おすすめポイント

仕事、お金、成功することで頭がいっぱいになってしまっている方、仕事で悩んでいるという方にオススメしたい作品です。人生には、それぞれ違った幸せの形があることに気付かせてくれます。

エリートである主人公は最初、家庭を持つ人に対して攻撃的で、田舎に住んで家のローンを支払い、家族のために低い給料で働くような人たちを見下していました。しかし、妻や子どもたちと関わるうちに、心変わりしていきます。

この映画を観るととても幸せな気持ちになれます。世の中の家庭を持つ人たちは、こんな気持ちで頑張っているんだなあと思えます。そして、大切な人たちのために、誠実に生きようと思わせてくれます。

人と比べたりせず、自分自身にとっての幸せとは何か、考えさせられる作品です。

キューティー・ブロンド

あらすじ

カリフォルニアに住む17歳のエルは、ファッションが大好きで、動物保護に関心のあるおしゃれで美人の女の子です。ある日、プロポーズされることを夢見ていた彼氏に、「金髪女は賢くないから、自分の妻にふさわしくない」と別れを告げられます。彼にふさわしい女性になるために猛勉強し、彼を追ってハーバード大学の法学部に入学します。

そして、やっとの思いで入学したハーバード大学は、エルのような学生は悪目立ちしてしまい、勉強も友人関係もうまくいきません。再会した元彼には、賢く美人な新しい彼女がいて、エルに冷たく当たってきます。しかし、エルは自分らしさを失わず、諦めずに努力し、周りの自分への評価を変えていきます。

おすすめポイント

1990年に公開された映画ですが、今「なろう」として流行りの「ざまあ」系で、スカッとするような作品です。それだけでなく、主人公が辛いなかでも決してあきらめず努力する様子に、「自分も頑張ろう!」と元気がもらえます。

主人公は、最初は周りと違うというだけで変わり者扱いされ、仲間外れにされたりバカにされたりします。しかし、エルの前向きで明るい人柄はとても魅力的で、思わず応援したくなります。勉強だけでなくおしゃれや美容も頑張るエルを見て、モチベーションが上がること間違いなしです。

勉強を頑張りたい学生の方や新社会人の方にオススメです。また、美容やファッションが好きな方も楽しめる作品です。

マイインターン

あらすじ

会社を定年退職したベンは充実した生活を送りながらも、心に穴が開いたような感覚でした。ある日、インターネット通販の会社の、シニア向けインターン募集の張り紙を見つけ、インターンに参加することになりました。

パソコンも使いこなせず、若い人たちとのカルチャーショックにベンは困惑しますが、悩める若者たちの中で自分にしかできないことを見つけ、徐々に信頼を得るようになります。

ひょんなことから女性社長であるジュールズの運転手となりますが、家庭のことまで踏み込まれたくないと、彼女は最初はベンのことを警戒していました。ジュールズは家庭のことで悩んでおり、社長という立場を手放そうと考えていました。しかし、ベンと接するうちに、彼の優しさや包容力に触れ、弱みを見せられる相手として、良い関係を築いていきます。

おすすめポイント

分かり合うことが難しい若者と老人の間に芽生える友情を描いた、心が温かくなるような作品です。ジュールズは仕事と家庭の両立に悩み、ベンは社会に必要とされないことに悩み、両方の立場に立って共感することができる内容です。

何歳になっても挑戦することを辞めず、若者の立場で彼らのに寄り添うことのできるベンはとても素敵で、ベンのような人が会社にいたらいいのに!と思いました。そして、自分自身もこんな年の取り方をしたいと思えます。

結末は、賛否両論あると思いますが、それも含めて考えさせらると思います。

ガタカ

あらすじ

遺伝子で人生を決められる世界で、宇宙飛行士になる夢を持っている主人公は、遺伝子が劣っているとされて、清掃員の仕事しかできませんでした。

しかし、彼は夢をあきらめきれませんでした。そこで、優秀な遺伝子を持ちながらも、障害のため車いすで生活をしている男性に成り代わることにしました。

身長を変える手術を受け、体を鍛え、勉強し、常軌を逸した努力の末、宇宙飛行士の卵として大企業に就職します。仕事も恋愛も順風満帆で、とうとう夢がかなうと思った直前、会社で殺人事件が起きます。

優秀な刑事に追い詰められていく彼は、夢をかなえられるのでしょうか。

おすすめポイント

人の人生は、本当に遺伝子で決まるのか。そんな壮大なテーマを描いた作品です。

自分には才能がない、環境に恵まれていない。そういったことに悩んで前に進めないとき、勇気を与えてくれる作品です。

主人公は遺伝子的に劣っていると言われ続け、優秀な兄と比べられて育ちました。実際、何をやっても歯が立ちません。

それでも、彼にはどうしても成し遂げたいことがありました。遺伝子が劣る彼は、並大抵の努力ではその目的を果たすことはできません。自分を捨てて他人になることを選び、身長を変えるという苦痛を伴う手術にも耐え、バレないように過ごすにはとてつもない注意力や精神力が必要になります。

持って生まれたものを変えるにはかなりの苦痛が伴うため、自分で限界を決めつけてしまうことがあります。しかし、苦痛を乗り越えたときの喜びはすさまじく、本当に成し遂げたい目的のためには才能も環境も関係ないのだと思わせてくれるような作品です。

まとめ

いかがでしたか?落ち込んだときややる気が起きないときに見たい、モチベーションアップにオススメの作品を紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました